メイン画像

e-max

e-maxについて
IPS e.max は、ベニアからロングスパンブリッジまで、オールセラミックスのあらゆる臨床ケースに使用できる、先進のセラミックスシステムです。 今までのオールセラミックスシステムにはなかった幅広い機能性を持たせた全く新しい製品です。 オールセラミックスには無限の可能性があり、そこから多くの利点が得られる上、IPS e.max はプレステクノロジー及びCAD/CAMテクノロジーに必要な強度と審美性を兼ね備えています。 プレステクニックを用いた修復には高い審美性を有するガラスセラミックスIPS e.max プレス インゴット。 さらに、酸化ジルコニウム フレームにプレスオンするIPS e.max ジルプレス インゴットがあります。 また、IPS e.max システムを完成するのはIPS e.max セラムです。このナノフルオロアパタイト レイヤリングセラミックスを使用すれば、IPS e.max シリーズを構成する全ての材料(ガラスセラミックス、酸化ジルコニウム)に築盛でき、高度なシステムを作り上げています。 これはIPS e.max システムが持つ優れた特徴であり、その優れた特性、比類なき多様性と柔軟性、高い審美性を持ち合わせた製品として高く評価されています。IPS e.max は、各修復物に個性と自然感を与えられるように規格化されたオールセラミックス修復のトータルシステムです。

高強度ガラスセラミックス

IPS e.maxプレスは、異なる透明度と高い均一性を持つ、ニケイ酸リチウムガラスセラミックス インゴットです。 Ivoclar Vivadent製のプレスファーネスでプレスすることにより、高い適合精度と曲げ強度(400MPa)を持った修復物の製作が可能です。 また、高い強度がありながら、天然歯に近い摩耗性を持っているため、対合歯に優しい素材となっています。

Ivoclar Vivadentが誇るプレステクノロジー

IPS e.maxプレスの強度や審美性は、材料だけが持つ特性ではありません。 Ivoclar Vivadent製のプレス器 プログラマットを使用して、初めてその物性を発揮します。 プログラマットEPシリーズは、温度と圧力を自動でコントロールし、材料へのストレスを抑えます。 パワーセービングモードが追加され、最大40%まで消費電力を削減します。


●製作方法
ワックスアップを行い、ロストワックス法を用いてインゴットをプレスします。 プレス後、ステイニング、カットパック、レイヤリングテクニックにより修復物を製作します。

  • 【ステイニング法】
    IPS e.max プレス単体の修復物に、ステインおよびグレーズで仕上げます。 ニケイ酸リチウムの魅力である、
    強度(400MPa)を活かした修復物製作が可能です。
  • 【カットバック法・レイヤリング法】
     IPS e.max プレスに陶材の築盛を行うことで、より高い審美性を得ることができます。 築盛には、IPS e.max システム構成材料の1つである、IPS e.max セラムを使用します。

審美を追及する豊富な透明度

高い透明性を発揮するHTインゴット等、4種類の透明性で様々な症例に対応します。 インゴットはIPSエンプレスに比べて大きくなった2種類のサイズで、より効率的な製作が可能です。

・HTインゴット(高透明度)
高い透明度により、特に小さな修復物(インレー、オンレー)の製作に適しています。 HT修復物は天然歯に対しカメレオン効果を発揮し、周辺の歯質と高く調和します。

LTインゴット(低透明度)
透明性があり、色相に合わせてシェード付けされていますので、ステイニングやレイヤリングを最小限に抑えることができます。

・MOインゴット(中不透明度)
生活歯または若干変色した支台歯上のフレーム製作に適しています。 A-Dシェードに合わせ、MO0からMO4のシェードがあります。

・HOインゴット(高不透明度)
不透明性が高く、失活歯または重度に変色した支台歯のフレーム製作、メタルコアを一部カバーする場合などに適しています。

・Multiインゴット
IPS e.max プレスは、インゴット自体が歯頚部から切縁部まで天然歯のように自然なグラデーションを持つセラミックスです。 ステイニングおよびカットバックテクニック用で、1つのサイズ(Mサイズ)に10種類のA-Dおよびブリーチシェードがあります。前臼歯クラウン、 ベニアだけでなくインプラント上部構造(1ピースタイプのクラウン)を効率的にプレスできます。

・MTインゴット
IPS e.max プレス MT(ミディアムトランスルーセンシー)インゴットは、HTとLTの中間程度の透明度を持っています。ステイニングやカットバックテクニックにより、HTより明度が高く、LTより透明度が高い修復物を製作できます。

・インパルス インゴット
3種類のバリューと2種類のオパールを取り揃えたインゴットです。ステイニングおよびカットバックテクニックに適したインゴットで、シンベニア、ベニア、テーブルトップ、パーシャルクラウン、クラウンに使用できます。

IPS Ivocolor

IPSイボカラーは、Ivoclar Vivadent製の築盛陶材、プレスセラミックス、CAD/CAM用セラミックスおよび 酸化ジルコニウムに共通で使用できます。

IPS イボカラー シェードデンチン

KZR-CAD HRブロック2

デンチン
■SD0 667675
■SD1 667676
■SD2 667677
■SD3 667678
■SD4 667679
■SD5 667680
■SD6 667681
■SD7 667682
■SD8 667813
インサイザル
■Sl 667683
■Sl 667684
■Sl 667685

IPS イボカラー エッセンス

KZR-CAD HRブロック2

取り扱い色
■01ホワイト 667652
■02クリーム 667653
■03レモン 667654
■04サンセット 667655
■05コッパー 667656
■06ヘーゼル 667657
■07オリーブ 667658
■08カーキ 667659
■09テラコッタ 667660
■10マホガニー 667661
■11カプチーノ 667662
■12エスプレッソ 667663
■13テラ 667664
■14プロファンド 667665
■15オーシャン 667666
■16サファイア 667667
■17アンスラサイト 667668
■18ブラック 667669
■19ローズ 667670
■20コーラル 667671
■21ベーシックレッド 667672
■22ベーシックイエロー 667673
■23ベーシックブルー 667674

IPS イボカラーグレーズ

KZR-CAD HRブロック2

最終的な仕上げに使用する、IPSイボカラーグレーズには、パウダーとペーストの2種類があり、それぞれ天然歯同様の蛍光性を持たせる為のフルオロタイプがあります。低溶ガラス成分により、1回のグレーズ焼成でしっかり焼き付き、セラミックスおよび酸化ジルコニウムにかかわらず、自然な光沢感で仕上がります。

取り扱い
製品
■IPS イボカラー グレーズ パウダー 667686
■IPS イボカラー グレーズ パウダー FLUO 667687
■IPS イボカラー グレーズ パウダー 667688
■IPS イボカラー グレーズ パウダー FLUO 667689
■IPS イボカラー グレーズ ペースト 667690
■IPS イボカラー グレーズ ペースト FLUO 667691
■IPS イボカラー グレーズ ペースト 667692
■IPS イボカラー グレーズ ペースト FLUO 667693